読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二度漬け禁止

俄然イカリ派。主に趣味の話(たぶん8割アイドル)のブログです。

スポンサーリンク

「E TICKET RAP SHOW」リリースパーティーに行ってきた

idol live 吉田凜音 E TICKET PRODUCTION

1/8(日)の15時から、小一時間ほどのライブだったけど、行ってよかった。
やっぱりEチケさんの音楽が好きだなあとしみじみしたので書き残しておきます。


吉田凜音ちゃんくらいしか思い入れのある出演者はいなかったのだけど、楽曲が出演者個々のキャラに合っていてどれも楽しかった。
すでに散々愛聴しまくった「りんねラップ」を除けば、ライブの印象だと以下の2曲が気に入った。

  • 寺口夏花&山崎愛(sora tob sakana) 「AS ONE」
  • 根本凪(虹のコンキスタドール) 「アウトラウド」

これはたぶん、私がライムベリーのファンだったことが大きいのかもしれない。前者のわちゃわちゃ感、後者のアンニュイさは、ライムベリーを彷彿とさせて、じんわりしてしまうほどだったので。
小一時間ほどのステージは、人形劇にあわせて、演者が1組ずつ登場し、歌を披露していくというもの。ライブというよりは、舞台を観ている感覚で、個々の楽曲を楽しむことができた。
Eチケさんのストーリーテーリングの媒介として、少女がいてラップがあるんだなと改めて再認識した不思議な空間だった。その媒介としての旧ライムベリーが私はとても好きだったし、今でも大好きだ。


ラップでは度々、パーティーという言葉を耳にする。Eチケさんの演出するパーティーのイメージが、私は大好きだ。
ラップでやたらパーティーに繰り出そうとするのって、正直日本語圏からするとめっちゃ違和感がある。コンパや飲み会でもなく、出会いにときめく男女混合のパーティーなんて、お前何回開催したことあんのかと。日本人そんなパーティーやんねーぞと。
正直リリスクの楽曲なんかは、今でもここらへんがあんまり慣れないんだけど、Eチケさんのパーティーは、なんか、違うんだよなあ。
気の合う仲間と深夜まで夜更かしして、ハイテンションになって喋り疲れた時の、一瞬の静寂や、お開きにした別れ際の切なさみたいなもの。同じパーティーでも、車に乗り込んでリア充でレッツパーリーな雰囲気より、友達と騒ぎ明かすパーティーの方が、アイドルラップとしてはより肌にあうし、誰からもノスタルジーを誘うのではないかと思う。
人生はパーティーの連続で、楽しい時間を過ごしながら、その一瞬一瞬を見送り続けるさみしさ。それらを現在進行形で抱えながら、私たちはずっと生きていくんだ。そういうことを体現するのが、Eチケさんのラップで、だからその媒介としてアイドルとの相性が異常にいい。届きそうで届かないもの。いつでもキラキラ輝いてるもの。観てるだけでちょっと泣けてきちゃうもの。


舞台で繰り広げられる人形劇は、孤独な人形が仲間を得て外の世界に出て、自分は1人じゃなかったと視野を広げたところで終わった。
Eチケさんがアイドルラップで描きたい世界、やりたいことは、まだまだたくさんあるんだろう。それらをもっともっと観ていきたいなと思う。


E TICKET PRODUCTION 1st mini ALBUM「E TICKET RAP SHOW」 DIGEST TRAILER - YouTube


E TICKET RAP SHOW(通常盤)

E TICKET RAP SHOW(通常盤)

  • アーティスト: E TICKET PRODUCTION,吉田凜音,椎名ぴかりん,ようなぴ,根本凪,寺口夏花,山崎愛
  • 出版社/メーカー: IDOL NEWSING
  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る

同人誌「悪友」に寄稿しました

お知らせ BABYMETAL

いよいよ年の瀬ですね。

この度同人誌に寄稿させていただきました。

mogmog.hateblo.jp

「ベビメタで浪費する女」として、以前ブログでも書いたイギリスへの海外遠征について綴っております。

sauce3.hatenablog.com

私は、ブログでは書かなかった遠征費の内訳について書いてます。
「海外遠征、行ってみたいけど費用が気になるな〜」という方は、参考までにお読みいただければ幸いです。

寄稿したオタク女子カルチャー同人誌「悪友」はこれが第1冊目の刊行となるそうです。
今回のテーマは「浪費」。
「インターネットには書けない話を紙の同人誌で発信」という名目で、いろんな趣味の女オタさんに、ねほりんぱほりんしてるらしい。
初回の寄稿メンツとしてお声がけいただいたのは大変光栄なのですが、そのテーマが「どれだけ趣味に金をつっこんでいるか」というあたり、省みるべきところがある気がして複雑な気持ちになりますネ!

12月31日(3日目)の東T−03b「アメドクスキャンダル」さんのスペースで委託にて頒布いただきます。価格は500円。
通販も予定されてるそうなので、国際展示場に行けない方もゲットする機会はあります。
Twitterアカウントなどでも通販情報は告知されていくと思うので、気になる方はフォローしておくと吉。

twitter.com

twitter.com

実物の本を読むのは年明けになりそうですが、私も一読者として、他の人の浪費について読むのが楽しみです。
来年も趣味に金を使っていくぞ。

エゴラッピンを武道館で観た

live エゴラッピン

エゴラッピン結成20周年記念の「EGO-WRAPPIN’ memorial live」を武道館で観た。
全てがキマり過ぎている。腰砕けになるくらいかっこいい。
聴いてるだけでうっとりして、脳みそがびりびりしびれる。
デタラメで猥雑な曲の調子にドキドキする。
バラードでは、この人達の音楽にただ身を委ねて身体を揺らしていれば最高に気持ちよくなれるという絶対的な安心感があった。
こんなに官能的なライブがあるなんて!


曲中に叫ばれた
「音楽は楽しければいいんだよ!」
というよっちゃんこと中納良恵さんの言葉は本当にその通りだった。頭空っぽにして耽溺できるエゴラッピンの音楽の強さ。
この強度は20年間かけて彼女達が作り上げてきたものだ。
近年アイドルのライブで武道館に度々脚を運んでいるが、3階までびっしり埋まったこの客席を観れば、同じ「夢の武道館」でも、全く異なる舞台であることがわかった。
私が彼女達のアルバムをきちんと聴いたのは06年リリースのアルバム「ON THE ROCKS!」までで、ここ10年は一切曲を聴けていなかった。そんな「昔よく聴いてた」勢も多かったのか、10年以上前の名曲のイントロが奏でられる度に悲鳴のような歓声が上がった。嬉しいよね。今日これ聴きたかったよね。
曲と曲を畳み掛けるようにつなぐ怒涛の名曲セットリスト。観客は息つく暇なく熱狂の渦に放り込まれる。踊る。スイングする。驚くべきはメンバー。流れるようなセトリにボーカルのよっちゃんは全くバテる様子もない。むしろ後半戦に「色彩のブルース」を会場に響き渡るアカペラでぶち込んでくるのだから、舌を巻くしかない。
長年続いているバンドにはそれ相応の実力と理由があるのだ、と深く納得した。


実はこのライブを観るために、前日から函館に旅行してたところを早々に引き上げて、朝一で北海道新幹線で青函トンネルを越えてはるばる東京に帰って来たのだ。その価値がある素晴らしいライブだった。