読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二度漬け禁止

俄然イカリ派。主に趣味の話(たぶん8割アイドル)のブログです。

スポンサーリンク

宇多田ヒカル「Fantôme」はアラサー女性にとって特別な装置であるように思う。

music 宇多田ヒカル

「宇多田と林檎がこんな曲歌うなんて俺らほんと未来に生きてんな」
宇多田ヒカルのニューアルバム「Fantôme」を聴いた最初の感想だった。
「家族の為にがんばる 君を盗んでドライブ」
「朝昼晩とがんばる 私たちのエスケープ」
こんな生活感あふれるパンチラインが、彼女たちの口から出ることにびっくりしたのだ。


宇多田ヒカルの記念すべきファーストアルバム「First Love」がリリースされたのは98年。
当時の私は中学生になったばかりだった。
それが今や、歌姫も私も齢30を越えているという事実。
こわい。
時間の流れ超はやい。


私は結婚・出産した女性アーティストに若干のトラウマがあった。
子を産むとデトックスしたかのように、楽曲の雰囲気が変わったりするから。いや、誰とは言わないけど。
男は50になっても60になっても「イェーロックだぜ」と言うようなおじさんがたくさんいるのに、なぜか女性アーティストだと、これがそうもいかないのだ。
狂ったようにギターをかき鳴らしていたかと思えば、数年後にはやたら落ち着いていたりなんかして。


結婚し、妊娠し、子を産み、育児に悩んだりする。
これら一連のライブイベントが、感受性豊かな彼女たちの歌に影響を与えないわけがない。
わかっちゃいるけど
「女は永遠の厨二病でいられないのだろうか」
とちょっと切なくなったりもする。
この切なさは、変化を受け入れたくない私にこそ起因するものなんだろうな、と思いつつも。


「30代になったらちゃんとした喪服を用意しなさい。使う時が増えるから。」
実家で親に言われた一言。
ふーん、とスルーしていたら、30を手前にして中学の時の部活の先輩が亡くなった。死因は交通事故だった。
「あ、人って死ぬんだ。」
冷静に考えればごく当たり前のことが、唐突に現実味を帯びた。
私の祖父母はすでに他界していたけれど、それはあくまでずっと上の世代のことで、まさか同年代があっけなく逝ってしまうとは、夢にも思っていなかったのだ。


10代で日本を代表するスターになり、20代で結婚と離婚を経験し、順調だった仕事を休業し、母を亡くし、30代で再婚し、子どもを産み育てている。
彼女のニューアルバムには生と死の匂いが混在していて、宇多田ヒカルという人の重ねた歳月の濃密さに、その人生に、改めて想いを馳せずにはいられない。
今回のアルバムに対するリアクションを見ていると、みな人生をふりかえざるを得ないかのように、何かを語りたがるきらいがある。
「Fantôme」はもしかしたらそういう装置なのかもしれない。


彼女の歌が本アルバムで変わったのは事実だが、不思議とそこには失望も違和感もなく、積み重ねられた人生の営みと1人の女性のたくましさがあるばかりだった。
それは決してマッチョな強さではなくて、何かを受け入れたり自分を変えることでうまれる生きやすさみたいなもの。
宇多田ヒカルはしなやかな人だ。
私はこの人の哲学が好きなのだ。
ビジュアルや楽曲や歌詞が好きな歌手は多々あれど、その人の持つ考え方が好きなアーティストというのはあまりないように思う。


ニューアルバムを1人夜道で聴きながら帰ると、中学の時に、部活のメンバーで行ったカラオケのことを思い出した。
田舎の中学生だった私たちが、部活仲間でいく初めてのカラオケに興奮して、待ち時間に駐車場ではしゃいで近所の人に怒られたことは強烈に覚えているのだが、実際のカラオケの中身はあまり覚えていない。
あの時はみんなで椎名林檎やヒステリックブルー、確か宇多田ヒカルも歌ったはずだ。


今回の宇多田のアルバムを亡くなった先輩が聴いたらなんと言っただろうか。
リアクションをイメージしてみるけれど、私の頭の中の先輩は今でもセーラー服のままだ。
「宇多田フンイキ変わったねー。でも、いいじゃん」
そうそっけなくかえされる気がする。

Fantôme

Fantôme

リリスクの豊洲リリイベを見た

lyrical school idol live

掲題の件です。
ライブはいつものごとくとてもよかったです。
今週リリースされたシングルのカップリング大江千里のカバー「格好悪いふられ方」、とても好きです。個人的にはA面の「マジックアワー」よりも好きかも。

推しに以下の一言が伝えたくて特典会に参加しました。
「アルバム超楽しみ」
まあこれには長い訳がある。
というのも、推しのhimeちゃんはライムベリー時代、強制脱退によりアルバムが出せなかったのですね。
ライムベリーはシングルを複数リリースしていたにも関わらず、アルバムそろそろリリースかな〜っという矢先にも関わらず、アルバムをオリジナルメンバーでは出せなかった(そしてあろうことかその後新メンバーを迎えた新体制で楽曲総入れ替えで無理やりリリースした)という背景があるのです。

それをふまえての
「アルバム楽しみだね」
です。
我ながら残党をこじらせているにもほどがある。想いが重い。

握手しながら
「himeちゃんの声をアルバムで聴けるのめっちゃ楽しみにしてるね」
と声をかけました。
実際には想いが重過ぎて
「himeちゃんの、声を、アルバムで聴けるの、めっちゃ、楽しみにしてるね」
くらいだった気がする。気持ちこもりすぎている。
それを聞いたhimeちゃんの
「ありがと!私ってアルバム出すの初めてだよね?」
で感情決壊残党おばさんです。
「そうなんだよ〜〜〜!!!!アルバムたくさん聴くからねええええがんばれええええ」
で剥がされる秋の夜。
推しのかわいさを堪能してから飲む酒はうまいです。明日もがんばるぞ!!!

youtu.be

BABYMETAL東京ドーム公演でモンスターを観た。

BABYMETAL idol live

BABYMETALの東京ドーム2Daysが終わった。
「すごいもんをみた、何か書き残しておかないと」という謎の焦燥感のせいで、寝付けずに真夜中スマホをこすっている。

【ライブレポ】BABYMETAL 初の東京ドーム公演に11万人動員|邦楽・K-POP|ローチケHMVニュース

今回のことで痛感したのは、BABYMETALってのはほんとに宗教だなあと。
みんなでひとつの物語を共有し、祭りやぐらの巫女を囲んで踊る。ただそれだけで、肉体と魂の根源的な楽しさがある。

私はSU-METALの中のモンスターがチラチラと顔を出す瞬間が大好きで、大画面で映し出される鬼気迫る表情を見る度に「私たちはとんでもない魔物を召喚してしまったんだな」とゾクゾクした。

「心の中にモンスターがいる感じっていうか。そのモンスターを解放してあげたらどうなるんだろう?っていうちょっとした疑問があって。だからピョッって手放してみたら自由に飛び立っていったんです。そこからライヴの中でしかその子は出てこないけど、その中で自然に暴れ回ってたらどんどん大きくなっていって。

(中略)

本当にライヴするたびにくせになってると思います。BABYMETALをやりだしてそういう自分に出会えたことに対してすごく感謝もしているんですけど、ライヴをするたびに大丈夫かなとも思うんですよ。やめられなくなってるんじゃないかなって。」

__「ロッキング・オン・ジャパン6月号特別付録 BABYMETAL完全読本」より


SU-METALのすごいところは、上記のインタビューにあるような「内なるモンスター」話を聞いても「まあ、あの子ならそうだよね」と思わせてしまう底知れないスケールのデカさだと思う。しかも、ライヴの度に、そのモンスターがより強大に進化していくのを感じとれるのだ。リアルタイムで、あんなに美しい化け物が成長していくのを眺めることができるなんて、なんと贅沢なことだろう!!

BABYMETALには、もはや東京ドームでも狭いと思わせるような、空間を支配する力があって、一体この子たちはどこまでいけるんだろうとワクワクした。
みんなの夢を背負ったBABYMETALは、ライブ中の紙芝居のとおり、まさにエルドラドへ向かう方舟そのものだ。
今回発表はなかったけど、海外でこの規模でライヴする日もそう遠くないだろう。
私にはその日がとてもリアルにイメージできる。