読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二度漬け禁止

俄然イカリ派。主に趣味の話(たぶん8割アイドル)のブログです。

スポンサーリンク

Wikipedia見ないタイプの人

life
何かが好きで好き過ぎてちょっとアホになってるくらいの人が好きだ。
プライベートでもできれば仕事でもそういう人に囲まれて生きていきたいなあと思ってるし、実際そういう人が周りに多い気がする。
ジャンルはなんでもいい。音楽でも映画でも漫画でもアニメでも本でも釣りでもいいのだが、これが好きで好きでたまらない!というものがあって、そういうものについて喜々として語る人を観てるとこっちも楽しくなってくる。あまりにも着眼点が細かすぎたり1聞いたら10返ってきてこいつ手におえねーなくらいの。こいつわけわかんねーな、頭おかしいな。度が過ぎてて気持ち悪いなんてご褒美ですよもう。

物事を好きになるといっても、ハマり方は人それぞれで、根がおたく気質かそうでないかで同じものを愛でていても全く見ている世界が違うのだなとしみじみすることがある。
Perfumeを好きで何回もライブに行ったと言う人に「このグループの振り付け、MIKIKO先生がやってるからPerfumeファンにもオススメだよ!」と喜々として勧めて「MIKIKO先生って誰!?」と返ってきた時の私のショック、伝わるでしょうか。
「そうか、気になるものができたらとりあえずググってWikipedia読むところから始めるタイプが世の中の全てではないのだな‥‥」と当たり前のことをまざまざと痛感したりします。
とりあえずWikipedia見るタイプの人間はひとつの作品を愛でるにしてもバックボーンやそこに至る過程まで全部チェックしたがるのですね。そうでないタイプの人は「わーいいねー」と素直に作品自体を愛でて終わる。どちらがいいとか悪いとか全くそういうことはないのだけれど、同じ趣味だと思っておたくが安易に心を開くとそういう火傷をすることがあるのです。

というようなことを姉が録画した「今夜くらべてみました」の能町みね子市川紗椰の出てる回を見ながらぼんやりと思いました。2人ともズバ抜けて頭のおかしいおたくなのでエキサイトの恋愛ライターエルメス全く出てこなかったよ。市川紗椰ちゃんみたいな中谷美紀似のおたく女子がラブライブ見ながらガンプラにハンダゴテで傷つけてるなんて最高過ぎるな。


まあ何が言いたいかというと、これまでもこれからも私はおたくの味方ですということです。