読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二度漬け禁止

俄然イカリ派。主に趣味の話(たぶん8割アイドル)のブログです。

スポンサーリンク

【イベントレポート】さくら学院 2014/10/04 公開授業「俳句の授業」 TFTホール

さくら学院 event idol

とても楽しいイベントだったのにブログに残せてなかったので遅ればせながらメモ。

 

決められた季語を使いながらメンバーに即興で俳句を詠んでもらい誰の俳句が優れていたか現場の父兄さん(ファン)に決めてもらおうという企画。どのメンバーの俳句も子どもらしい素直な感性で書かれていてとてもよかった。

さくら学院公開授業レポート「岡田愛が〝若頭〟を襲名!?」 | エンタメNEXT - アイドル情報総合ニュースサイト

個人的には岡田愛ちゃんの「そぞろ寒 いってきますが さみしい日」が気に入りました。本人に意味を聞いてみると「お母さんと朝喧嘩しちゃって、いってきますがちょっと冷たい感じで、それがつらかったのー」と実に子どもらしい意味を述べてましたが、聞き手からすると広く解釈の仕様があって、とても味わい深い句だと思うんですよね。「肌寒くなってきて人恋しい季節になったなあ」という意味にもとれるし、もっと拡大解釈すると「さくら学院も卒業までもう少しだなあ、あと何回いってきますと言えるんだろう」と別れを惜しむ句にもとれる。改めて俳句の奥深さを噛み締めたとてもためになる授業でした。

 

講師の夏井いつき先生、バラエティ番組で芸人をフルボッコにする毒舌っぷりを観ていたので一体どうなってしまうんや・・・と最初は戦々恐々だったけど、蓋を開けてみると何の事はない、肝の据わりっぷりが超おもしろい。さすがテレビ慣れていらっしゃるわ。元中学校の先生ということだけあって、非常にわかりやすく説明しながら進行されていました。いじられまくりで肩身の狭い司会の森先生、たじたじでかわいかったな。

 

夏井先生、本当にさくら学院のことが気に入ったみたいでブログにもしっかり書いてくださっていた。

今日はアイドルグループ「さくら学院」の中学生(一部小学生)との句会ライブでした。アイドルグループって、どれも同じに見えてしまうワタクシとしては、今回の仕事は多少腰が引けてたんですが、いやいやなんのなんのやはり会ってみないと分からないってヤツですよ。

このアイドルグループがひと味違うのは、「握手会的アイドルグループ酷使」という発想ではなく、この子たちが成長の過程で学んでくれる様子をみんなで応援していこう!という視点なんです。この子たちは、年に何回か「授業」という形のイベントをします。ファンの皆さんはこのイベントに「父兄」という名の保護者として参加します。集まってくるファンの皆さんは「さくら学院」の子どもたちが、一回一回の授業によってどう成長するかを本当に見守って育てるのです。 

 「さくら学院」句会わせ句会ライフ♪ | 夏井いつきの100年俳句日記

 

「握手会的アイドルグループ酷使」とはまたキツい言い方だなあと思うけれど、元中学校教諭からすればAKB陣営を始めとした中高生を酷使させる大人の集団なんて忌避すべきものでしかないんだろうな。

【AKB48/俳句】夏井いつき、峯岸みなみに苦言 「AKBという組織は恐ろしい、日本の学校は何を教えているのか」 [ 48Gまとめニュース ]

先生のあたりがずいぶんマイルドだったのも「子どもたちの成長」に軸をおいたさくら学院のコンセプトに共感を示してくれたところが大きいのでは。ここは本当に大事なところで、プロジェクトを成功させる上で、自分たちの理念やコンセプトを共感・信頼してくれる支援者を増やすというのは本当に大事なことだと思うのですよ。さくら学院の知育系アイドルっぷり、おそろしや。AKBと違いアカデミックな層を取り込んでいけるのはさくら学院ならではの強みだと思うので、どんどんいろんな人とコラボレートして欲しいなあ。

f:id:sauce3:20141012012939j:plain

くそーなぜか写真が縦型になるぜ。フォトライフで横向きにしても反映されるまで時間かかるのかな。アップロードした後にブログ内で回転できるようにしてほしい・・・。

 


Sakura Gakuin Song for Smiling Full PV 1080p] - YouTube

さくら学院賢くなれるシリーズ」の名曲っぷりは異常。早くNHKとか天才てれびくんとかと連携して知育系アイドルの確固たる地位確立して欲しい。