二度漬け禁止

主に趣味の話(たぶん8割アイドル)のブログです。

リリスクの新アルバムが推し卒業前のオタク情緒を完全に破壊しに来てる件

推しの卒業を見守るオタクのみんな~~~~!!!!


2010年代アイドル戦国時代を彩ったアイドルグループの解散や大量脱退が立て続けに発表される昨今。
lyrical schoolのニューアルバム「L.S.」がリリースされました。今年7月の野音ライブで現体制での活動を終了するアナウンスとともに。




アルバムを聴いた私の最初の感想は


「えっっっぐ」


でした。



アイドルグループの幕引きとしてあまりによく出来すぎたアルバムだったからです。こんなん聴いたらオタクみんな泣いてまうわ。脱水症状で殺す気か。

どんなラストシーンだったとしても
君はきっと美しいんだろう

最後のシーン その時まで踊り続けてたいね
最後のシーン 撮り終えたら君はクランクアップして
最後のシーン その時まで踊り続けてたいね
最後のシーン どんでん返しより
愛とかピース 愛とかピース

lyrical school「LAST SCENE」より

刹那の愛を 抱きしめたいよ 心を解放 忘れないように言う
ありがとう 缶コーヒー飲むとこ
はみがきしてるとこ 手を繋いだとこ
きっと忘れるよ ムービー回しとこ
いつか思い出そう こんな日々があったこと

君乗せたバスがほら 走り出した
私は 手を振った こわくなんかない
一寸先は案外なんも無い

lyrical school「バス停で」より

find me find out find me find out
find me find out find me find out (灯すライト近づいてくる)

今はするどい肌で、傷つく(find me)
いつの日にか遠い町に住む
のよ のよ から いいよ 気にしないでよ

lyrical school「Find me!



www.youtube.com


lyrical Schoolは美大映像科出身のプロデューサーが関わっていることもあり、アルバムがいつも短編映画のようなストーリー性の強い構成になっています。
今回も素敵な女の子たちとの出会いから切ないラストシーンまでアルバムの中に綺麗に描き切ってくれている。




正直、卒業を前提として歌を作るって、結構ずるいなって思っちゃうんですよね。
だって、つねられたら痛いって思うのと一緒で、そんなんどうやったって心を動かされちゃうの不可避じゃん。
終わりの切なさも別れの悲しさも全部エンターテイメントに昇華して客に喰らわせてやるぞっていう凛とした覚悟。
リリイベで新曲聴いたらもうすでに涙腺にじわじわきてんの。
こんなんでライブツアー始まったらどうなっちゃうんだよ。
オタクの情緒破壊マシーンですよ。


ご丁寧に「7/24の現体制ラストワンマンまであと100日!!」とか言っちゃってんの。ワニか。
3ヶ月間しっかりお別れが言えるようにアルバムリリースやらリリイベやらツアーやらめっちゃしっかり組んでくれてんの。
すごく優しい。でも、とっても残酷。
もう会えなくなってしまうんだなあと思いながら好きな人に会うのって、本当にしんどい。
しんどいけど、今会えないと絶対に後悔するから。
会ってもしんどい。会わなくてもしんどい。だったら私は今会いにいきたい。
せっせとリリイベやツアーに通うファンを見ていると、みんなお人好しで人間くさいなあと思う。
ああ、本当に愛されたアイドルグループだったんだな。




残念ながら、リリスクはメンバーのコロナ感染により今週のイベントがほぼなくなってしまいました。
こんな名盤がおまいつ以外に届かないなんてもったいない!!
アルバムの素晴らしさを少しでも知ってもらいたい。
各種サブスクでも展開されておりますので、リリスクを知ってる人も、知らんけど推しが卒業を控えててつらい人も、切ない気持ちが好きな人も、一緒に聴いて情緒を破壊されましょう。
7月の野音ライブのチケット抽選も始まっているので、気になる方はぜひ。




www.youtube.com